広告制作の流れ

動画はいわばデジタルコンテンツですから、広告を流す舞台はWEB上という事になります。企業ホームページコンテンツの1つである場合もありますし、各種SNSに広告メディアとして発信する場合もあります。有名・無名動画サイトに設置してアフィリエイトしてもらう場合もあります。どこにどの程度発信するかは、広告の内容やターゲットおよび方向性によっても違ってきます。

動画広告会社のサービスの1つにアクセス分析や解析があります。最も強みを発揮する場所を少しずつ絞り込んでいきながら、集中的に発信していく事によってコストパフォーマンスおよび宣伝効率をも上げていくという工程は、プロでないとなかなか難しい面があるかもしれません。シビアなユーザーの目線にも耐ええる完成度の高い動画を制作するには、機材がそろっていて技術力もあるプロに制作してもらうのが一番です。

TVCMほどではないにしても制作費用がかかりますし、時間がかかったわりには効率の悪い動画を作るよりも、予算の範囲内でしっかりと経済効果を上げていける広告が制作したいものです。そうなると業者もある程度選択しなければいけないかもしれません。

一般的に動画制作はどういった流れになるかと言いますと、監督がいてカメラマンがいてさらに編集者がいてというあたりはTVと同じですが、WEB上から業者に問い合わせをして後、綿密な打ち合わせをして動画撮影に進み編集を加えてから納品となります。期間は平均1ヶ月から2ヶ月程度になります。

具体的な事例

一口に広告といっても幅広くあらゆる業界が、当てはまるのですが動画はWEB上のコンテンツの1つとなるものですから、ものつくりであれば製作工程を撮影した記録映画のようなものもありますし、ゲームの告知であればキャラクターが登場するアニメである場合もあるでしょう。食品がメーンコンテンツであれば、実際に俳優がおいしそうにたべているシーンを映し出すことによって味覚を視覚効果で刺激するものになるかもしれません。

広告のユーザーはほとんどが企業ですから、自社イメージと理念を土台にしたものが作られます。どこに着目して撮影をするかは企業ごとに違いますが、傾向として共通したものはあるかもしれません。俳優を使って音響と視覚効果あるいは味覚や触覚などあらゆる感覚を刺激して視聴者の感情や脳に強いインパクトを植え付ける事ができのは、動画制作会社の強みです。

より完成度の高いものを作るために、ある程度の予算を組んで制作にのぞむのはむろんですが、俳優人を要所ごとに上手に配置して使いこなすテクニックは、素人でも持っている人はいるかもしれませんが、制作費用などまとまった投資ができるのはプロの動画制作会社でなければ難しいでしょう。できる限りコストを抑えて、効率よく広告を作りたいなら、やはりプロにまかせるのが得策です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket